2018ベスト映画

2018ベスト映画
①「パディントン2
②「タクシー運転手」
③「1987、ある闘いの真実
④「ブラックパンサー
⑤「愛しのアイリーン
⑥「serch」
⑦「バトルオブセクシーズ」
⑧「万引き家族
⑨「THE WITCH/魔女」
⑩「カメラを止めるな!

⑪「レディバード
⑫「わたしたち」
⑬「ペンタゴン・ペーパーズ」
⑭「スリービルボード
⑮「15時17分発、パリ行き」
⑯「恋は雨上がりのように
⑰「操作された都市
⑱「きみの鳥はうたえる
⑲「ボヘミアン・ラプソディ
⑳「フロリダプロジェクト」

番外・チャンピオン作品「花筐」

 

2018年の観賞本数は計131本。ここ数年の平均ぐらい。基本は劇場観賞で一部旧作などはDVD。年末近くになってAmazonプライムに登録したので見逃してた作品や近隣で公開されなかった作品なども観ることができた。でも映画館がやっぱり好き。1人、暗闇の中で大きなスクリーンに映される別の人生を生きる。それが楽しいし、嬉しい。

でこうしてラインナップを見て作品を思い返せば、当たり前だけど「今」という時代に対して向き合った作品が多く、自分もまたそういった作品を求めていたことがわかる。社会、家族、女性、偏見と差別、そして人権。ここ数年、いやはっきり言うと現政権になってから、社会の状況はどんどんひどくなっているように感じる。偏見や差別、ヘイトが剥き出しにされ、それを隠そうともしない。ましてや恥ずかしいとも思わない。強いものに媚びへつらい、弱いものを叩く。想像力を失った恥知らずが大きな声で勇ましいことを言う。まともに生きていたら傷つくことばかりだ。

ま、ちょっと脱線したがそんな空気を感じながら、日常を生き、映画を観る。

パディントン2」は言ってしまえば「希望の光」であった。とびきりキュートでチャーミング、ポップでカラフルな表現を使って徹底的にエンタメとして楽しく描きながら、今本当に大切なことを伝えようとしている。物語の奥には今の社会に潜む問題がちちりばめられている。パディントンという異端の存在。それを排斥しようとする者もいるが、その一方で多くの人々がパディントンという存在に触れ、その存在と繋がり、知ることで彼を愛する。市井の人々のありふれた小さな親切心や思いやり。その小さな行動の一つ一つがやがて大きな希望の光となる。映画から溢れる多幸感。なんかもう幸せすぎて涙が出たよ。ホントに素晴らしい映画体験だった。

「タクシー運転手」「1987、ある闘いの真実」はともに韓国の歴史に基づいた作品。わずか数年前に隣国で起きた出来事。より善き世界の為に、卑怯者であることを選ばなかった人々の物語。今の自国の状況と照らし合わせざるを得ない。これは過去の物語であると同時に未来の物語であるかもしれない。そんな怖さも感じながら観た。それは「ペンタゴンペーパーズ」も同様。そして"今"この映画を作らなければいけないという映画人の真摯な想いも強く伝わった。卑怯者であることを良しとするか否か。どう生きるんだと映画は問う。目の前にバトンを差し出す。確かにそのバトンを受け取った。

MARVELの新ヒーロー「ブラックパンサー」もまた"今"を生きる映画。黒人のヒーロー、女性たちの活躍、善と悪の単純な2分化ではなくそれぞれのなかに理屈があり理由がある。ただ力で圧倒するのではなく、思慮深く、その解決策を見いだそうとする新たなヒーロー像。無知であることを恥じず、未知のものを見下す姿勢がいかにダメなことか。

「バトルオブセクシーズ」も男VS女という単純な構図ではない。どちらもが属性に囚われることなく1人の人間として、他者を、自分自身を捉えることの大切さを教えてくれる。エマ・ストーンとスティーブ・カレル、二人の演技がとても素晴らしかった。「スリービルボード」もまた単純な物語ではなかった。それぞれのなかに理屈があり理由がある。絡まった糸を丁寧に解き、個も見て、知ることで新たな繋がりが生まれる。とても考えさせる作品だった。

愛しのアイリーン」はとてつもなく凄まじく、とてつもなく美しい映画だった。最低の暮らし、最低の家族、最低の出会い、それでもそこに生まれた一瞬の奇跡。その美しさ。「万引き家族」もまた奇跡的な時間が描かれる"家族"の物語。社会から零れ落ちた者たちが紡いだ儚い時間。法律や制度、論理や倫理だけでは救えないもの。でもそれを救おうとするのもまた人である。「フロリダプロジェクト」にもそれはあった。

「search」「カメラを止めるな!」はともにその"仕掛け"が話題になったが、"仕掛け"以上のものがあったからこそ、多くの人に支持されたんだと思う。そしてどちらも娘の為に頑張るお父さんの話であり、映画館で観客が"体験"する映画。体験する映画ということで言えば「ボヘミアン・ラプソディ」も。ラスト20分、ライブ体験の圧倒的な力。でもそこに至る、零れ落ちた者と家族の物語がしっかりと胸に残る。

で今年も韓国映画を多く観た。前出の2作品以外にも、女子高生が殺人マシーンという超絶アクションエンタメ「THE WITCH/魔女」には大興奮したし、「操作された都市」も一捻りのあるアクションエンタメで楽しめた。またこの2作品とは真逆の「わたしたち」も素晴らしかった。二人の少女の繊細な心の動きを丁寧に描いた作品で、観ている間、ずっと胸が締め付けられた。

日本映画では「きみの鳥は歌える」が印象に残った。フィルムに閉じ込められた夜明け前のやるせない空気。明けない夜に漂う二人の男と一人の女。主演3人のアンサンブルがとても心地良かった。「恋は雨上がりのように」は拾い物。女子高生とおじさんの恋という謳い文句とは真逆で、恋愛ドラマでは全くなくて、挫折からの再生の物語。決して恋には発展しない二人。人間同士が出合い、それぞれが再生していく過程が描かれる。

80歳を越えるクリント・イーストウッド監督が辿りついた「15時17分発、パリ行き」も凄い作品だった。実際の事件を、実際に体験した本人に演じさせるという、まさかの本人出演再現ドラマ。まさに筋書きのないドラマなのだが、事実は小説より奇なりというか、全ての偶然は必然であるとしか言いようのない奇跡がそこにある。これが映画なのか、いや、これは映画でしかない!

で最後に大林宣彦監督の「花筐」。もはや順位などつけられず殿堂入りのチャンピオン作品とした。3時間近い大作ながら全編異常なまでのテンション、フィルムを切ったら血が流れ出すんじゃないかというぐらいの生命力、狂気の沙汰としか思えない映像の数々…あらゆるセオリーや文法を飛び越えつつ圧倒的に映画的であり映画そのもの。余命宣告までされた80歳になる監督が、ここまでの作品を作り上げるとは!一か所もありきたりな映像が無くどーかしてる映像のオンパレード。「この空の花」「野のなななのか」に続く戦争三部作にして監督の作家性が大爆発。アヴァンギャルドでありながら痛切なメッセージ性。映画という嘘で綴られた、真に真正面から叫ぶメッセージ。ユーモア、実験性、エロティシズム、押し寄せてくる過剰さ、そこに流れる赤い血。とにかく凄まじい映画である。憎悪と差別を隠そうともしない恥知らずが権力を握る狂った世界に対抗しうる狂気的なまでの正気。自分はやっぱり政治家より芸術家を信じるし、金より文化を愛しているんだなと再確認した。

2018ベストアルバム

2018年ベストアルバム
①「サクラ」前野健太
②「AINOU」中村佳穂
③「All the World is Made of Stories」松尾清憲
④「秉燭譚」桶田知道
⑤「a journey of 28 days」武川雅寛
⑥「アポロン坂口恭平
⑦「スーパーヒーローズ」のん
⑧「Lukewarm」さとうもか
⑨「嘘つきと音楽のはじまりに」加藤千晶とガッタントンリズム
⑩「Baby Bump」Chara

特に意識したわけでもないのだが、ほぼソロアーティストのアルバムに。
新しいことや変化していくことを恐れていない音楽に惹かれたのかなぁなんてラインナップを見て思う。

前野健太さんのアルバムは歌の生々しさと洗練された音の組合せに新鮮な響きがあった。そしてそれ以上に音楽に潜む物語にとても心惹かれた。歌が生きていると感じた。ここ数年は映画ばかり見ているので、音楽の好みも映画的なものになってきたのかも。

音の新鮮さ、零れ落ちる天才性にぶっとんだのが中村佳穂さんのアルバム。この先、とてつもない音楽家になっていくんだろうとはっきりと感じられた。

ベテラン、松尾清憲さんのアルバムは今年一番のサプライズだったかもしれない。こちらも音の新鮮さに驚いた。変わらぬ美しいメロディとヒリヒリとした新しい響きを持った音の化学反応。素晴らしかった。

独自の道を行く桶田知道さんのアルバムは前作に続いてのベストテン入り。前作からさらに進化し、孤高の音に。でも全然難しいものじゃなくて80年代中ごろの"テクノ"サウンドが音楽ファンとしての出自である自分にとっては、どこか懐かしく心から好きだと感じられるアルバムだった。

ムーンライダーズの武川さんはまさに全身音楽家。存在そのものが音楽であり、アヴァンギャルドもメロウもポップも、全てを飲み込むその大きさは誰も敵わない。アルバムの全曲を演奏したライブは2018年のベストライブと呼ぶべきものだった。

様々な表現活動を行う坂口恭平さん、音楽もまたそのひとつであり、彼にとって音楽はごくごく当たり前に出てくるものなんだろう。人間力がそのまま音楽の魅力になっている。

のんさんの音楽活動についてはちょっと持ち上げすぎじゃないのという印象が最初あった。でも実際アルバムを聴いてみると、とても今の時代とマッチしていて、なんというかとても甘酸っぱい気持になった。ちょっと不安定な歌も、その青臭さも、とても輝いて聴こえた。忘れていたことを思い出させてくれるようなそんな作品。

さとうもかさんが持つ柔らかな才能もとても輝きを持ったものだ。なんというか、とても心地いい"歌心"を感じた。中村佳穂さんなんかもそうだけど音楽が身体からあふれ出てくる感じがなんとも頼もしい。

加藤千晶さんの音楽はもうずっと大好きなんだけど、今作では柔らかな心が持ち得る強さを感じた。今の時代に音楽を作ることの意味。それがたとえ嘘だとしても「Life is Beautiful」と歌いあげること。その覚悟が柔らかな心の裏に見えた。

年末ギリギリに聴いたCharaさんの新作。これはもうただただかっこ良かった。昔、彼女のデビュー曲のPVを深夜のテレビで観た時、スゲーかっこいい!って思った。それを今また彼女の音楽から感じた。これは凄いことだと思う。

ってな感じで、正直この数年、聴いてる音楽の8割は韓国もの。もはやそっち側の音が基準になっている。新しさというと語弊があるかもしれないが、新鮮な音、驚きがある音に惹かれるのもそれが理由かもしれない。それと今年音楽の聴き方として大きく変化したのはサブスクの導入。中2の春からレコード~CDを買い始めて、限定盤だとか言われちゃうとついつい買っちゃったりしながら、33年間に渡り毎月最低でも1枚は買ってきた。がいつの頃からか、聴きたいCDがCDに埋もれて取り出せなっつーかもはや置き場がない、なんなら部屋中CDだらけで足の踏み場がない。なんて状況に陥っていた。で48歳である。人生の折り返しはもうとっくに過ぎている。あとはもうどう処分していくのかを考えなければならない。フィジカルへの想い入れはもちろんあるのだけれど、そうも言っていられない。でちょっと躊躇していたサブスクに思い切って移行。結果、音楽を聴く時間が増えた。もう一度音楽の世界に帰ってきた感覚があった。まだ聴いていない音楽を聴くのは単純に楽しいし喜びだ。新しい出会いや発見に加え、過去からの発掘や再会もまた楽し。

で、こんな風にベストアルバムを挙げるのももう最後かなという気持ちになっている。もっと自由に音楽を楽しもう。なんて気持ちに。

 

休前日日記。20181130

初めて自分でHPを作ってOPENしたのは1998年11月1日だった。「OFF!音楽と笑いの日々」というHPでメインは「日々の泡」と題した日記だった。

その日の日記が

蔵出し日々の泡/1998年11月

いまもまだインターネット空間に存在している。ただもう今や更新することも削除することもできない状況。

その後、2004年10月31日にはてなダイアリー「日々の泡/popholic diary」としてブログ化。その日の日記が

ブログ化 - 日々の泡/popholic diary

ここ数年は映画の記録を中心にtwitterで書くことが多かったし、途中抜けもあるけど20年日記を書き続けてきた。たまに昔の日記を読むと、まぁあんまり今も言ってることは変わらないんだけど、その時々のことを思い出す。娘が小さかった時のこととか、もう会わなくなった友達や同僚のこととか。

なにか足跡を残したいという気持ちがあるんだろうな。誰も気づかない、いつか消え去る足跡だとしても。

平日日記。20181129

ブログを再開して数ヶ月。以前のように毎日更新を課して書いているが、そろそろ結論。以前のようにはもう文章は書けない。文章力も熱量もユーモアも何もかもが落第点。過去の自分の文書と比べて明らかに面白くない。残酷だけど、これが現実。ただの備忘録として書き続けるのなら日記帳に書けばいい。

どちらにしろ潮時かな。

平日日記。20181128

少し早起きして今日は朝から大阪。午前中はセミナー受講。管理職育成とかなんとか。自分は所詮、組織の中でしか生きられないと思いつつ、組織を絶対的に信用していないという矛盾。常に引き裂かれる思いでいる。

てなこと言いつつ、午後は休みをとる。京都に戻って映画を一本。山下敦弘監督「ハード・コア」。全編を通じ流れる不穏な空気。人間の業、愚かさと可笑しみ。社会から零れ落ちた孤独な魂の行き着く先。笑いながらも、深いところをえぐってくるような作品。今もまだ頭の中で反芻している。

平日日記。20181127

昨晩はDVDで映画「アトミック・ブロンド」を。シャーリーズ・セロン主演のスパイアクション。スマートすぎない、生々しく痛々しいバイオレンス描写。傷だらけの強く美しい女、シャーリーズ・セロン。素晴らしい。

今日は番組収録。ゲストさんのお話を聞きながら、人を楽しませるということを自分は忘れているなぁとふと思う。昔から人付き合いは下手で苦手。でも仲のいい友達との間では中心になって皆を笑わせる方だった。だけど社会人になってからは知り合いや仕事仲間はできても友達はできないし、いつの間にか皆を笑わせるようなことも少なくなった。むしろ人の集まりを避けて1人で過ごすことを望んできた。いい歳だけど、いい歳だから、変わっていかなきゃいけないのかなぁ…なんて。

昼から営業で米原まで。昼を食べる時間がなくコンビニであんぱんとサンドウィッチとキリンレモン。と、から揚げ串を追加。夕方のパーキングエリアで遅すぎる昼食。冴えないなぁ。

平日日記。20181126

夜中に3回ほど目が覚める。娘は今日から3週間、病院での実習だとかで、こっちが心配になって目が覚める。

3連休明けの仕事。会議に事務処理、気づけば就業時間も終わり。10年ぐらい前はどえらい残業してたが、もはやそんな時代ではない。っつーか集中力も持たないし、体力も無い。

そういや、大阪万博決定。バカじゃねーか。としか思えない。はっきり言ってここ数年で大阪は酷い街になった。うさんくさい政治家に牛耳られて、柔らかさのないギスギスとした空気に覆われているよう。差別や偏見を隠そうともしない知事や市長がいる街で万博なんて、悪い冗談だ。