日々の泡。

popholic diary

いつか何処かで

今日も仕事しかしてねー。
サザンの新曲「I AM YOUR SINGER」をやたら耳にするな。「I AM YOUR SINGER」なんて尊大なタイトル。でも、サザンには、桑田佳祐には「I AM YOUR SINGER」というだけの権利がある。僕は熱心なサザンファンじゃないけどそれはもう完全に認める。
最初に買った(買ってもらった)サザンのレコードは「気分しだいで責めないで」。小学2年生の時。やたら大好きで親にねだってドーナツ盤を買ってもらったのが最初。あのワチャワチャしたリズムと強いメロディーが子供心に好きだったんだな。ま、今でも変わらないけど。でそれからずっと開いて次に買ったのは「人気者でいこう」に「KAMAKURA」。もちろんアナログ盤。これは当時の音楽ファンはみんな聴いてたでしょ。僕は矢口博康-リアル・フィッシュから逆に聴きなおすことになっていったんだけど。そうそう「ALL TOGETHER NOW」で佐野元春とやった「夕方 HOLD ON ME」のテープはどこ行ったかなぁ。
で実は一番良く聴いたのは桑田佳祐の初ソロ作「Keisuke Kuwata」だ。高校時代テスト勉強しながらよく聴いた。あの頃は青春なんてものとは程遠い孤独な時代で、音楽だけが支えだった。人気者のソロ作というより、じっくり聴けるポップな小品集。隠れた名盤。いや大ヒットしたアルバムだけど、なんかそんなイメージなんだ。ポップミュージックを愛する一人の音楽家。心優しき希代のメロディメーカー。僕は彼をそんな風に見てる。